開業医が入ってはいけない生命保険

開業医が入ってはいけない生命保険

2015年01月16日(金)1:23 PM

本日の質問

今年、開業しました。
勤務医時代に加入した定期付き終身保険の「転換」を勧められています。
「転換」の注意点はありますか?

本日の回答 / 開業医専門FP 友部 守

多くの定期付き終身保険は10年ごとに更新時期がきます。ところが、10年更新の前に乗り換えの案内がきます。この乗り換えのことを「転換」と言います。この「転換」は契約者にとってメリットはありません。

 

 

営業職員は契約者に「転換」しましょうとは言わず、「保険料を変えず、今より保障を良くしませんか?」と言います。

 

契約してから時間が経ち、年令が上がっているでので、冷静に考えれば、保険料は上がるのが当然なんですが、
保険料を大きく変えずに見積りがきます。

なぜそんなことが出来るかと言いますと、積立部分の終身保険の保険金額を下げているからです。

本日のポイント

開業医が入ってはいけない保険の代表格が「サラリーマン保険」と言われている「定期付き終身保険」です。

この保険、65歳で大きな保障が切れる仕組みになっています。

 

開業医の先生に『定年』はありませんので、65歳で大きな保障が終わる保険は、サラリーマンに方には向いていても、 開業医の先生には向かない保険です。

 

ましてや、「転換」は要注意です。必ず、「転換」後の保険金額をしっかりチェックしましょう。


【本日のチャレンジ】

「転換」を勧めてきたら、その理由を聞きましょう。
それがきっと「稼ぐ・残す・増やす」につながります!!!



«   |   »

Return to Top ▲Return to Top ▲