クリニックが会計ソフト・給与ソフトを導入する際のポイント

クリニックが会計ソフト・給与ソフトを導入する際のポイント

2015年01月16日(金)1:41 PM

本日の質問

市販の会計ソフト、給与計算ソフトの導入を考えてます。選ぶポイントを教えてください。

 

▼会計事務所の担当者が変わるたびに、帳簿や給与計算について同じ質問を受けるため、

 市販の会計ソフト、給与計算ソフ  トを導入して、自社で完結させたい。

 市販ソフト導入のメリット、注意点、市販ソフト選びのポイントを教えてください。

 

【本日の回答/税理士 吉田正一】


ソフト導入メリット
・会計事務所への入力用資料の作成が不要
・自社で タイムリーなデータを 見れる
・データが蓄積されるので、経理担当者が退職しても、経理が中断しない
(過去のデータを見ながら対応できる)
・簿記や社会保険の知識がなくても、一定の帳票は作れる


会計ソフト導入の注意点
・会計事務所主導型の会計ソフトでなく、市販ソフトを導入する
・取引ごとの定形仕訳を登録して、仕訳を考える時間を短縮する
・現預金取引は 伝票入力より、出納帳入力の方が容易
・決算内訳書に合わせた補助科目を設定する
・入力担当者と秘密保持契約を結び、アクセス権限を制限する


会計ソフトにあると便利な機能
・キャッシュフロー計算書の作成
・決算注記表の作成
・消費税申告書の作成
・事業概況書の作成
・決算内訳書の作成
・固定資産台帳の作成


給与ソフト導入の注意点
・白紙に帳票を印刷できる給与ソフトを導入する(専用サプライ
 が必要な給与ソフトは トータルコストが高い)
・保守契約に入る(更新が多いので、保守契約は必要)
・入力担当者と秘密保持契約を結び、アクセス権限を制限する


給与ソフトにあると便利な機能
・社会保険届の作成
・労働保険申告書の作成
・年末調整(源泉徴収票)、法定調書の作成


給与ソフト導入とともに仕組みづくりで 作業負担を軽減する
・残業時間の締め日を 給与計算の締め日より 前に設定する
・他の業務(保険請求など)と 給与計算の締め日を ずらす
・賞与支給日と賞与月の給与支給日を ずらす
・毎月は固定報酬にして、歩合分は賞与に加算する
・現金支給でなく、預金振込にする



«   |   »

Return to Top ▲Return to Top ▲