病院・クリニックが出す求人広告と実際の労働条件との相違

病院・クリニックが出す求人広告と実際の労働条件との相違

2015年01月23日(金)3:17 PM

本日の質問

「月給25万円~」という内容で求人広告を掲載したところ、1名の応募があった。面接の結果、月給20万円であれば採用してもよいが、求人広告の条件より安い給与で採用して問題ないか。

 

本日の回答/社会保険労務士 長友秀樹

求人広告記載の給与額が、そのまま採用時の金額にはなりません。
選考の過程で応募者に求人広告より安い給与額を提示した結果、応募者が応じれば、その条件で採用して問題ありません。

 

本日のポイント

●今回のケースのように募集段階での給与額と、採用時の給与額が異なることは往々にして起こり得ます。

 

●これは、募集段階での給与額はあくまでも見込みの金額であり、実際の初任給与は選考過程を通じて、応募者の年齢・能力・希望給与などから判断されるものだからです。
このような考え方は過去の裁判例でも示されています。

 

●但し、応募者の「募集条件として示された給与額が大きく変更されることはないだろう」という期待に著しく反してはならない「信義則の原則」はあるとされています。

 

●従って、実態とあまりにかけ離れた金額で募集するとか、そのように実態と大きなギャップがあることを採用の直前まで伝えないといったケースであれば、信義則違反を問われる可能性があります。



«   |   »

Return to Top ▲Return to Top ▲