医療法人の売却

医療法人の売却

2015年01月30日(金)2:13 PM

本日の質問

 

現在 当院の営業利益は赤字の状態にあり、改善する気力がありません。

借入や滞納税金等もないのでそのままどなたかに承継したいのですが、どのような方法がありますか。 (医療法人 理事長)

 

本日の回答/税理士 吉田正一

 

承継手法
・他の医療法人と合併して消滅させる
・他の医療法人に 事業譲渡して、出資持分を 新理事長等へ譲渡する
・出資を払い戻し、新理事長から出資を受ける(100%減資と100%増資)


当院(売り手)側の承継の流れ
1.売却対価の目安額を算定する
2.移転手法(合併、事業譲渡など)を検討する
3.買い手を探す
4.買い手候補が見つかったら 基本合意契約、秘密保持契約の上、財務調査等を受ける
5.定款、取引契約、雇用条件、不動産契約、借入契約に変更が必要な場合対応する
6.売買契約等により実行する
7.行政、税務、社会保険の届出をする

 

売却対価を評価する方法の例
・貸借対照の純資産を時価換算した額
・相続税法の未上場株の評価額
・将来キャッシュフロー額など


当院(売り手)メリット
・患者の引継、職員の継続雇用が容易
・退職金、出資持分譲渡など 税金をコントールして医療法人の課税済利益を還元できる
・医療法人に不動産を賃貸している場合賃貸収入を受けられる
・解散コスト不要


出資持分の譲渡の流れ(当院)
1.社員総会の過半数承認により、買い手を社員総会メンバーに就任する
2.買い手へ出資持分を譲渡する(譲渡契約締結)
3.役員の変更がある場合、定款に沿った社員総会、理事会を経て、
  行政機関に届出する


事業譲渡の流れ(当院)
1.社員総会の決議を経て、事業譲渡契約を締結する
2.行政機関に施設廃止の定款変更を届出する



«   |   »

Return to Top ▲Return to Top ▲