医療経営セカンドオピニオンサービスのご案内

医療経営セカンドオピニオンサービスのご案内

2014年12月29日(月)12:23 AM

セカンドオピニオンとは・・

医療の世界においては、患者がかかりつけの医師の診断や説明、治療方針について、他の医師に客観的な意見を求める「セカンドオピニオン」が普及しています。

病院・医科歯科クリニックの経営に関しても、日々発生する諸問題について、現在顧問契約している税理士・社労士の意見だけでは判断に迷う場合、または顧問が専門外のために意見を求められない場合などに際し、医療に精通した他の税理士・社労士から助言を求め、最善の解決策を講じることが重要です。

医療経営セカンドオピニオンサービスにおけるご相談事項

医療経営セカンドオピニオンサービスでは、以下のご相談事項に対し、医療専門の税理士・社労士としての立場からアドバイスをいたします。もちろん、以下の事項以外にも医療経営に関わることであれば、他の専門家紹介も含め適切なアドバイスをいたします。

分野 項目
税務・会計
  1. 税務判断の意見書作成(組織再編、グループ税制など)
  2. 会計基準、会計科目基準の作成
  3. 予算管理制度の運用に関するアドバイス
  4. 会計参与(一般法人)、監事(医療法人)の受託
  5. 事業承継策・相続対策・相続税対策に関するご相談
分院拡大
  1. 物件(医療モール・M&A)のご紹介
  2. M&Aのデューデリジェンスに関するご相談
  3. 新設分院の税務・労務に関するご相談
  4. 分院長への管理者教育に関するアドバイス
組織整備
  1. 持株会社、経営企画部門の設置、運用に関するアドバイス
  2. グループ企業体制(金融、不動産、物品、職員の管理)に関するご相談
  3. プロジェクト管理・プロジェクトチームのサポートに関するアドバイス
人事・労務
  1. 人事・労務問題全般(労務トラブル・労務管理・社会保険手続・給与計算等)に関するご相談
  2. 就業規則その他人事関連規程の作成並びに改訂に関するアドバイス
  3. 人事制度(評価、賃金、退職金等)に関しての相談
  4. 労働関係諸法令の情報提供
その他
  1. 分院長(病医院施設管理者)の多角的評価に関するご相談
  2. 患者・職員の満足度(不満足度)調査に関するご相談
  3. 廃院承継(開業希望の分院長へのMBO、FC化)に関するご相談
  4. 資金繰り改善(縮小均衡)に関するご相談
≪留意事項≫
・上記事項に関する資料作成等に、著しく作業時間を要する場合は、別途協議する。
・上記事項に関して、具体的な対策の立案・実行支援、又は規程等の作成・改訂、並びに各種制度の設計・構築が必要となる場合は、別途協議する。

 

顧問契約のサービス内容

医療セカンドオピニオンサービスでは、医療専門の税理士・社労士と月次顧問契約を結んでいただきます。

この際、既存の顧問税理士・社労士との契約を解除する必要ありません。別途、セカンドオピニオン契約を結んでいただくことにより、引き続き、記帳代行や月次決算、確定申告は顧問税理士に、労働・社会保険の手続きは顧問社労士にご依頼下さい。

サービスメニュー 内容 料金(税別)
個別相談 税務・会計、分院拡大、組織整備、人事・労務等、医療経営に関する諸問題の解決について、顧問税理士・社労士から受けた意見に対するセカンドオピニオンのご提供 30,000円~
ご相談内容に応じてお見積り


情報誌・メルマガの配信 医療経営に役立つ情報誌・メルマガの定期配信
情報提供 医療制度及び税務・労務に関する重要な法改正情報のご提供
物件情報(医療モール・M&A)のご提供

 

医療セカンドオピニオン・アドバイザー紹介

医療専門の税理士・社労士が貴院のアドバイザーとして、医療セカンドオピニオンをご提供いたします。

税理士 社会保険労務士
吉田 正一
吉田正一税理士事務所 所長
長友 秀樹
長友社会保険労務士事務所 代表
事業再生で実績多数
医療経営に特化して蓄積したノウハウは、税務にとどまらず、増患・経費削減・マーケティングまで幅広くカバーする。
製薬会社MR出身の人事コンサルタント
医療現場の人事労務管理に精通し、経営者の立場に立った実践的で分かりやすいアドバイスが好評を得ている。


«   |   »

Return to Top ▲Return to Top ▲