分院長の具体的な仕事は

分院長の具体的な仕事は

2015年01月29日(木)10:13 AM

本日の質問

分院長の依頼を受けましたが、分院長の診療以外の仕事を教えてください。

本日の回答/税理士 吉田正一


分院長の仕事として
・施設管理者としての仕事
・理事(役員)としての仕事 があります

 

分院の施設管理者の仕事は
・患者に医療情報を公開する
・医院の安全管理体制を確保する
・勤務医師など従業者を監督する
 などがあります


公開する医療情報の例
・開設者、管理者、診療科目、診療時間
・費用負担、施設設備、人員配置
・その他 患者が医療を選択するために必要な情報

 

医院の安全管理体制を確保するために分院が行うのは

・職員、スタッフ管理
・外注委託先の管理
・院内感染予防対策の管理
・医薬品の安全管理
・医療機器の安全管理
・診療記録類の管理
・個人情報の取扱管理
・防火、防災、設備の管理 です


管理とは
・指針、マニュアルを作成する
・研修会を実施する
・委員会を設置する など

 

分院長の理事(役員)としての仕事
・組織管理
・利益管理(=計数管理)


組織管理のポイント
・職員へ 組織目標を 伝達する(=トップと職員の連結ピン)
・コミュニケーションを図って 職員が組織目標の達成に貢献したいと思うように
 意欲を引き出す
・コミュニケーションとは 指揮命令、報告、連絡、相談、ルールなど

 


利益管理のポイント
・分院長の権限、責任に合わせた利益管理が必要 
・分院長の権限に合わせて 理事会等で 分院長の責任下にある予算(=目標値)
 を設定する

 


分院長の権限と管理対象
・分院長の最少責任は 売上であり、少なくとも 売上管理は必要
・消耗品など物品購入権がある場合 物品管理が必要
・薬剤、検査、技工の選定権限がある場合 外注委託管理が必要
・人事権(採用、評価、昇給、異動、解雇)がある場合 スタッフ管理が必要

 


分院長の売上管理の流れ
1)各月の売上金額、患者件数を 一覧表にする
2)前年、前月、予算と比較する

 

売上管理の際に役立つ現場データ
・診療報酬計算書
・時間別外来数、予約キャンセル状況
・勤務シフト表、業務簿



«   |   »

Return to Top ▲Return to Top ▲